不動産投資のエキスパートとして

日本の人口1.2億人市場から全世界の人口60億人市場を見据えた不動産事業を考えていくことで、広い視点で資産形成を構築できるチャンスがあるとみています。日本の不動産を海外の方へ、海外の不動産を日本の方へご紹介し、グローバルな不動産事業展開を目指していきます。

少子高齢化、年金問題、老後の不安、現状不満足、毎月の副業目的での収入が欲しいなど、多くの方がこのようなお悩みを抱える中で、どのようにしていいかわからないという意見をよく耳にしてきました。投資に対するリテラシー向上に関わる事業はまだまだ日本ではブルーオーシャン事業であると認識しております。

「人生100年時代」を生き抜く中、定年65歳から夫婦で貰える年金額は月平均22万円といわれております。しかし、マイホームの修繕、旅行、孫へのお小遣いなど、ゆとりある生活を送るためには、毎月35万円が必要と言われております。毎月の差額が13万円となりますと、65歳を迎える前までに5,000万円近くの貯金をしておく必要があります。「果たしてこのような大金を蓄える事ができるのか?」というお悩みを多く頂きますが、今から対策をしっかり練ればそう難しくはありません。そのためには不動産投資というツールを使うことが大事になってきます。弊社ではよりよい不動産投資のお手伝いをさせて頂き、お悩み解決へと導いていくのが、弊社の強みと認識しております。

アメリカでは既に小学生の頃からお金に対しての授業が行われていることから、金融リテラシーが高い国と言われております。しかし、日本では投資教育の仕組みが成熟しておらず、まだまだ金融に対するリテラシーが物凄く低いのが現状です。そのような中、将来のための資産形成、老後・年金問題などを解決するために、毎月の収益構築、老後の年金問題解決へと導くことが弊社の強みとなります。不動産コンサルティングという立場から、良い資産を手にして頂いたことをきっかけに日本の金融リテラシー向上に貢献し、お客様にご満足頂くライフプランを築いていきたいとの思いから不動産事業をスタートしました。

代表取締役 

金 成福